専業主婦 カードローン

MENU

どんなに苦しくても予算厳守が成功の鍵!

まずは食費の予算を変更

今まで節約生活を続けていましたが、昨年は特に家計を引き締めて貯蓄を増やしました。まず節約しようとしたときに一番に考えるのが食費の節約でしょう。

 

それまでの我が家の1か月の予算は、夫婦と食べ盛りの中・高校生がいて5万円でした。これには昼の弁当(3人分)も込みで作っていたので、世間でも一般的な金額と思います。まずこれを予算4万円に変更しました。

 

 

これで1年で12万円は浮きます。


食費の中の1万円は、米代に消えるので残り3万円でどう切り盛りするかにかかっています。だいたい一日に800円の予算で献立を考え買い物をしました。

食費軽減に役立つポイントカード

買い物も、一番安いスーパーに行きポイントカードを作ります。毎月ポイントが倍になる日や、5パーセント引きの日は決まっているのでその日に調味料など値段があまり変わらないものを購入しました。

 

ポイントがたまると無駄使いせずにその分貯金です。また、いくら安くても腹持ちのいいものを作らなければ、

 

 

家族からクレームが来るのでよく考えなくてはなりません。


腹持ちのいいのは鶏肉

うちでは肉は鶏肉、特に100グラム59円で買える胸肉を良く買っています。そのままではパサパサな胸肉も、買ってすぐに胸肉1枚につき塩1匙をもみこんでおくととてもやわらかい肉になります。

 

これを水から茹でて、しばらくおいておくとビックリするくらいおいしい鳥ハムになります。

 

 

サラダにしたり、衣をつけてフライにしたり、棒棒鶏にしたり用途はさまざま。


茹で汁も、うまみたっぷりのスープになります。他には、おからと芋を半々にしたおからコロッケ・おからとミンチでハンバーグ・・・など安くて栄養価の高いおからをフル活用してボリュームを出しました。

おやつの節約術

育ち盛りの子供がいると、おやつについつい菓子パンやらスナック菓子を買い込んでしまうのですがそれも一切やめました。少々手間はかかりますが、130円のホットケーキミックスで炊飯器ケーキを作ると3回は作れます。

 

 

バターの代わりにサラダ油を入れるので、材料費はほとんどかかりません。


菓子パンは1個で100円しますが、このケーキはおなかいっぱい食べても一人当たり約11円です。こうした工夫をすると少ない月で33000円でおさまる月もありました。

 

このように食費削減と生活費の予算厳守で100万以上貯金ができました。ボーナスのない家庭で、教育費も増える一方のご家庭も多いことと思います。収入が少なくてもやる気があれば、節約は可能です。

 

増えていく通帳の額を楽しみに、ゲーム感覚でコツコツと続けてみてはいかがでしょうか。

 

主婦の為のカードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関