専業主婦 カードローン

MENU

出産時にお金が掛かってしまう理由

出産に掛かるお金ですが、出産において気をつけなければならないのは、いわゆる

 

 

国民健康保険が効かないことなのです。


なぜなら健康保険は病気のために存在するシステムなのですが、

 

 

健康保険において出産は病気と位置づけられていない


ので出産には実費が掛かるのです。出産に健康保険が効かないのであれば、つまりはどこかからお金を調達する必要があるのです。まずはこのことを念頭に置いて下さい。

出産にいくら必要?

さて、出産にいくら必要なのでしょうか。妊娠から出産までにまずお金が掛かり、約10万円ほどは用意しておかなければなりません。

 

それだけでも高いのですが、出産の本番となるとさらにお金が掛かります。だいたい50万円ほど用意しなければ成りません。先ほどの10万円とあわせて、60万円以上はかかります。

 

これを個人で負担しなければならないと言うのは、とても大変なことです。そのため、健康保険から「出産一時金」というものがおります。先ほど、出産は病気ではないから保険が下りないと書きましたが、出産一時金という形でなら出るのです。これは

 

 

一人出産するごとに42万円下ります


のでかなり大きな金額です。出産一時金は、出産一時金直接支払い制度を利用することで、健康保険から病院に直接お金を支払うことが可能ですが、病院によっては利用できない場合もあり、この場合は「産後申請」を行う事になります。

 

申請を行ってから給付に2ヶ月掛かりますが、このタイムラグを埋めるためにフリーローンを活用するのがお勧めです。フリーローンは、50万円程度の出産に必要な金額であれば、他に借り入れのない限り借り入れ可能です。

 

無担保保証人不要など、使い勝手もよろしいです。出産と言えば急な出費がつきものです。いざというときのためにフリーローンを申込んで無利息期間を利用すれば一時金が下りたときに完済すれば利息を抑える事ができます

 

主婦の為のカードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関