専業主婦 カードローン

MENU

定期保険の性質と賢い使い方

若い時には保険料を抑えられる定期保険も有効

定期保険は期間を定めて保障を受けられる保険です。月々の保険料は安く抑えられていますが掛け捨てです。定期なので期間が終われば保障も終わります。

 

若く元気なうちは更新ごとに保険の乗り換えを検討できるという点ではメリットがあるとも言えます。定期保険は低コストでそれなりにしっかりとした保障を得られる代わりに、貯蓄型の終身保険や養老保険と異なり、解約時の返戻金や満期保険金はありません。

契約する時の年齢によって掛け金が変動する

契約する時の年齢によって掛け金が異なり、年齢に比例して高くなっていきます。つまり定期ごとに満期更新が設けられているものは更新ごとに保険料があがっていくのです。

 

高齢になると保険料のことだけでなく、病気の告知義務の部分で引っかかり保険に入ることすらできない危険性もあります。このことを念頭に置いて保険プランを選ぶ必要があります。

子育て中の保障に最適

定期保険は子育てをしている最中に、家計を支える保護者が死亡した場合のリスクに備えるためにピンポイントで使うのが得策です。死亡保険金は子どもの教育費や配偶者の当面の生活費などにあてることができます。

 

あくまでも死亡保険なので、病気やケガによる通院や入院の保障は一生涯保障が続く終身保険の方が向いています。逆に子育て中のリスクに備える高額な死亡保障のついた終身保険は、毎月の保険料も高額となり無駄が多いとも言えます。

 

どの保険も得意とする分野が異なりますので、使い分けて併用したり、人生の節目では見直すことも大切です。

 

主婦の為のカードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関