専業主婦 カードローン

MENU

旦那が考えている事に反対しないことも円満の秘訣

専業主婦の私は33歳で旦那が半年下で、学年は1年下にる姉さん女房の夫婦です。結婚10年になりますが、親同士の遠縁で結婚したので彼の事は結婚前は何も知らずもちろん彼も私の事は知らずに結婚しましたので夫婦生活は手探り状態で始まりました。

 

温厚で無口な人柄が気に入り結婚することになりましたが、彼はまだまだ遊びたい結婚して妻や子供を守るなんて言う考えはなかったようです。お給料は手渡しで現金でくれますが、給料明細は見せてもらえません。ある日とてもご機嫌で

 

 

『今回のボーナスは思いもよらない金額が出たよ^^俺は頑張った!』


と嬉しそうに金額を教えてくれました。その言葉に対して、

 

 

『それで私はどれだけもらえるの?』


聞いたとたんに、給料も渡しているのに

 

 

『このボーナスはやれない!』


と怖い顔で言うので、

 

 

『えっつ全然くれないの?』


というと彼は無言。それから一言、

 

 

『これからは出たことを言わない』


と言いだしたのでびっくりして言葉を失いました。このやり取りがありしばらくして私もお勤めに出ることにしました。それに対しても彼は無言。最初から給料の明細は見せてもらっていないし、給料を渡しているからボーナスは自分のものと言う彼に無理に取り上げることは出来ません。そこで考えたことは

 

 

『もらおうと思ってもくれないのならくれるだけでやって行こう』


これが私の考えです。それからボーナスが出るといくら出たと金額だけは教えてくれます。

 

 

『ボーナスこれだけでたよ^^』


 

『そう良かったね^^』


私は知らないふりで一緒に喜んでいます。彼は賭け事も遊びも良くしますが、年2回位は旅行をセットして家族で行ってくれます。旅行の費用は自分の小遣いから半分以上出してくれます。それは彼が自由にしているボーナスからだしてくれていますので私の『もらおうと思ってもくれないのならくれるだけでやって行こう』戦略は夫婦円満の秘訣になっています。

 

主婦の為のカードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関