専業主婦 カードローン

MENU

男女の考え方の違いを頭に入れておけば大丈夫

夫婦双方の年齢・結婚何年目か?

私たち夫婦は、夫が41歳で私が42歳で結婚生活は今年で18年目になります。

どういう理由で気まずくなったのか?

私たち夫婦が気まずくなった原因は、互いに考えていることがずれていた点です。お互いに相手のために良かれと思って口にした言葉が、相手にとっては不愉快なだけだったということ。そこに全く悪意はないので、どうしてこのようなことになったのか分からずただただ苦しいだけでした。

 

きっかけは私が転職して、しばらくたった時のことです。あまりにも新しい職場での仕事内容が合わないことや、上司の態度がきつく毎日が辛いことを夫に相談しました。私は黙って話を聞いてもらいたいだけなのに、夫は解決策や自分の意見の主張を繰り返すので、余計にストレスが溜まってしまいました。私はただ寄り添って話を聞いてもらいたいだけなのに、

 

 

それぐらい我慢しろ


とか

 

 

それはお前が悪い


だの言われると、ガッカリを通り越して腹が立ってきます。

あなたの対処方策

それを友人に愚痴ったところ、このようにアドバイスされました。

 

 

男の人と女の人は基本的に脳の作りが違うの。男の人は相談されたら、ひたすら解決策を探してアドバイスしようとする。そこに悪意はまったくないから、それに腹を立ててはダメ。女の人は逆に共感する能力が高い。だから愚痴を言ったり、悩みを黙って聞いてほしい時は、男性に話しても無駄。余計にストレスたまっちゃうだけだからね。


と。確かに、今までいざこざがあった時は「そうだね」「その通りだね」と夫が理解してくれない時でした。

その結果

それ以来、ちょっと話を聞いてもらいたいときには、基本的に友人や姉自分の姉に話すようになりました。話を共感して聞いてもらうだけで、大抵の悩みは自分で解決策が出せることに気付いたのです。

 

これが分かってからは、いらぬ夫婦間のストレスをひきずることもなくなりました。共感力が男性にはないことを頭に叩き込んでからは、夫婦ケンカはほぼゼロです。

 

主婦の為のカードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関