専業主婦 カードローン

MENU

カードローンの審査で落とされる原因は?

借り過ぎが最も審査落ちする原因

カードローンの審査で落とされる原因で最も多いのは、やはりお金を借り過ぎているという事です。お金を借り過ぎていると、本当にこの人はお金を払えるのだろうか?と思われ、落とされることが多く、

 

 

年収の3分の1以上借りている場合は審査を落とされる可能性が高いです。


家族が借金をしていても原則は審査には響きませんが連帯保証人になっていた場合はかなり審査に響いてしまいますので気を付けてください。

携帯料金滞納も原因の一つ

また、携帯料金を払わずに放っておくとブラックリストに載ってしまい、カードローン審査も通らない事が多く、カード会社も景気等によりカードの発行数を減らしている場合もありますので、その場合はどんなに信用があってもカードは発行されずに審査を落とされるのと同じ状況になってしまいます。

 

 

携帯電話代もしっかり払っておかないといけないんですね。


勤務状況・住宅状況も原因になる

カードローンの審査で重点的にみられるポイントは年収や勤務先と何年務めているか、また住んでいる家の状況やどの程度お金借りているかを基準にして審査しています。

年収は高ければ良いというわけではなく、安定しているかを見られるのでどんなに高くても安定していなければ審査が通る可能性は低いく、勤務先は大企業や公的機関に勤めていたり、長く勤めていると審査が通りやすく、どこからもお金を借りていない長く同じ家に住んでいるという事も高評価です。

つまり、

 

 

年収が低い上にいろんな会社を転々とし、住んでいる家が借家のアパートの上、お金を借りまくっていると100%カードローン審査には通らないという事ですね。


また、独身よりも結婚している人の方が審査が通りやすい傾向にあります。その理由は一般的に借金で周囲に迷惑をかける人が多い人はしっかりとしていて返済をきちんとしてくれると言われているためで、家族と一緒に住んでいる人の方が審査が通りやすいのです。

  • 収入が安定していない
  • 住む家と次々と変えている
  • 結構な額のお金を借りている
  • 携帯の料金を払っていない
  • 独身で一人暮らし

はマイナス要素となり審査が通りにくいので注意しましょう。また、審査が通ったとしてもきちんと払わなければいけませんよ。