専業主婦 カードローン

MENU

総量規制によって借り入れ先が変わる

総量規制とは2010年の改正賃金業法により、

 

 

多重債務に苦しむ人を増やさないようにするために設けられた法律です。


この法律は、年収の3分の1までしか貸し出しができないという規制で、

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジット会社

などのノンバンクが規制の対象となります。

また、新規での借り入れ総額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が義務づけられています

総量規制には対象外もある

総量規制には、対象外となる借り入れもあります。例えば、

 

 

銀行からの借り入れは対象外となります


ので、消費者金融で総量規制いっぱい借りていても、銀行の審査に通れば借り入れが可能となります。他にも、

 

 

  • 住宅ローン
  • 自動車ローン
  • 高額療養費
  • 不動産担保の借りれ

など対象外となるものはたくさんあります。また、これから何か事業を始めようとしている方が、資金繰りのための資金を確保するためにビジネスローンを組むことができますが、

 

 

確定申告書事業計画書を提出することで、総量規制の対象外となります。


早く融資を受ける必要がある方にとっては、つなぎ融資や緊急時の資金として覚えておきたい商品です。

収入のない専業主婦に対する総量規制

専業主婦が消費者金融でキャッシングを申し込みたいといった場合は、パートなどの仕事をして安定収入がなければ借りることができません。無職の状態でキャッシングを申し込むと、返済能力がないと判断されてしまいます。

 

例外として、銀行のローンを申し込むことができます。ただし専業主婦が銀行で融資を受ける場合は、配偶者の同意を得ることができれば借り入れができます。

 

 

借り入れ限度額は、二人合わせて配偶者の年収の3分の1までとなります。【配偶者貸付】


配偶者貸付を実施しているところ
ベルーナノーティス
ベルーナグループ

ベルーナノーティス

実質年率 4.5%〜18.0%
借入限度額 1万円〜300万円

総量規制の例外

総量規制の限界まで複数業者から借り入れをしている方は、

 

 

おまとめローンを利用すると少しでも金利を低くして返済を減らすことができますし、返済日が管理しやすくなります


おまとめローンは、顧客に一方的利益のある借り換えになるので総量規制の例外となっていますので、年収の3分の1以上の借り入れがあってもノンバンクに申し込むことができます。

 

借り入れを1本化することで、返済が遅れる時に電話連絡を何社にもかけなくてはいけないといった手間も省くことができます。