専業主婦 カードローン

MENU

専業主婦がカードローン返済に困ったらどうすればいいのか?

 

極論を言うと、返済に困ったら一人で悩まずご主人へ正直に相談されるべきです。


消費者金融が従う法律となる貸金業法に於いて、2010年6月の改正で総量規制が新たに施行されたことによって、専業主婦がカードローンを利用する環境は非常に厳しい状況となりました。

 

 

貸金業法に於ける総量規制とは、個人に対し貸付可能な金額を前年度の年収の1/3迄と定めるもので、法の施行以降は収入のない主婦が消費者金融からカードローンを利用する為の申込みが受付けられない状況となりました。

 

ご主人に相談されてご主人名義で申込みをすれば特別問題ないケースも多いですが、専業主婦がご主人に内緒でカードローンを希望した場合、唯一申込みが可能なのは銀行のカードローンです。銀行は銀行法に基づき事業を行っており、銀行法には総量規制が含まれない為、前年度に収入のない専業主婦でもカードローンの申込みが可能です。

 

しかし例え審査に通っても、借入限度額は20〜50万円と少ないものであり、直ぐに生活費に行き詰まりを感じてしまう。

 

 

それ故に、複数の銀行のカードローンを利用してしまうことに繋がるのです。


専業主婦の申込みは配偶者の与信で信用貸しするものですから、どの銀行も借入限度額は少ないの当然であり、銀行のカードローンを自転車操業状態でやり繰りするなど、結果的に返済に困るようになるのです。

 

カードローンを利用し始めたきっかけが、ご主人の毎月の収入だけでは生活費が回らないことが多いのですから、いくらカードローンしても返済に充てられるお金は無いのです。専業主婦がご主人に内緒で、カードローンを利用して家計をやり繰りしたいという気持ちは理解出来ますが、収入を持たない専業主婦が毎月赤字の状況をご自身の力で返済するのは難しいということです。

 

 

最悪のケースは司法書士法人などへ相談した上で、債務整理という手段もあります。


ブラックリストに載ることになりますが、利息を免除され元金を低額に抑えて返済を続ける方法や、資産価値のある物は差し押さえられることになりますが、自己破産で返済自体を無くすことも可能です。

 

それぞれ個人の問題であり、基本的には家族の生活へは影響しないとされています。しかし家計のマイナスは、専業主婦である女性が1人で抱える問題では無く、当然ご主人とも話し合って進めるべき内容です。

 

 

もしもご主人が会社員などで、例え毎月の収入では生活費に満足出来ないものであっても、それが安定した収入であるならば、消費者金融や銀行などカードローンへ申し込むことで、大きな限度額を低金利で利用出来る可能性があります。これまで複数の借入先で作ってしまった借入残高も、おまとめローンとしてご主人名義のカードローンへ一本化することも可能です。

 

司法書士法人などへ相談するのは、最後の最後で良いでしょう。まずはご主人と家計の状況を話し合うことが先決です。ご主人がカードローンを利用出来る状況となっても、基本的に毎月の生活費がマイナスになる状況に変化はないかと思います。

 

数ヶ月間はカードローンでやり繰りしつつ、ボーナス時に一括返済や増額返済するなど、なるべく借入残高を積み上げないことも心掛けましょう。

主婦の為のカードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関