専業主婦 カードローン

MENU

カードローンの取り立てはどのようなものか

カードローンで借りたお金が返済できなかった場合には、融資を受けた先から返済を催促されることになります。違った言い方をすれば、取り立てということになるのですが、この取り立ての内容について考えてみましょう。

 

 

借金の取り立てといえば・・・


テレビドラマなどでよくある黒塗りの車で自宅や会社に乗り付けて恫喝されて・・・というシーンをイメージされるかもしれません。いわゆるヤミ金などからお金を借りているのであれば、あるいはこうしたケースもあるかもしれませんが、

 

 

  • 銀行カードローン
  • 消費者金融

などからお金を借りている場合にはこうした乱暴な取り立てに発展することはまずありません。基本的には先ずは個人の携帯電話など直接連絡をとることができる方法で返済が滞っていることについての連絡が入ります。

滞納した場合の連絡とその流れ

また、場合によっては自宅や勤務先にも連絡が入ることがあります。共通しているのは、返済が滞納したからといっていきなり自宅や勤務先に連絡が入ることはない、という点です。個人の携帯電話など直接連絡をとることができなかった場合などに

 

 

  • 自宅
  • 勤務先

に連絡が入ります。勿論、この電話でも高圧的な態度で恫喝されたりといったことはなく、あくまでも顧客ですので普通に丁寧な態度で話をされることになります。次に行われるのが書類の送付ですが、これは自宅とは別に家族が住む実家などがあれば

 

 

返済ができない場合は・・・


そこにも届けられることがあります。もしもそれでも返済が受けられない場合にはカードローン業者は契約している保証会社に代わって支払ってもらい、債権を保証会社に移します。これは、そのカードローンに対して返済をしなくても良くなったという意味ではなく、

 

 

今度は保証会社に対して支払うべき金額が発生


するという意味です。保証会社は正確にはカードローン利用者は顧客ではない為、電話連絡時の対応はカードローン業者とは異なります。また、最悪の場合訴訟にまで発展する可能性もありますのでカードローンの返済は十分注意しましょう。