専業主婦 カードローン

MENU

利子と利息・金利と利率の違い

カードローンを利用する場合、必ずついてまわる言葉といえるのが利子や利息、利率や金利といった言葉です。それぞれ同じような意味合いで使われることが多いのですが、実際にはそれぞれ微妙な違いがあります。

 

 

利子と利息ってどう違うのかなぁ・・・


先ず、利子と利息についてですが、この点については基本的には同じ意味として使われる場合がほとんどです。ただ、カードローンというカテゴリーにおいては利息という表現が使われる事が多く、利子という言葉が使われることはほとんどありません。

利子と利息の言葉の使い方

この利子や利息は、カードローンで借入を受けたお金にかかる費用のことであり、返済時に元本とは別にカードローン業者に支払う必要があります。そのため、借りたお金を使うための手数料のような意味合いがあるとされていますが、

 

 

借りた場合と預けた場合とで違うのかしら・・・


銀行などでお金を預けている場合でも受け取ることがあります。銀行の預金に対して受け取るお金のことを利子と呼ぶことが多く、カードローンの場合は支払うお金であることから利息と表現するケースがほとんどです。

 

こうした利子や利息を計算するための割合を示したものが金利や利率と呼ばれるものです。この金利や利率についても基本的には同じ意味をあらわしたものであり、どちらも慣例的な意味を除いてほとんど違いはありません。

金利と利率の考え方

一般的には、何も前置きがなければ金利とは一年あたりの利率を設定した年利であることが多いのですが、

 

 

  • 一ヶ月あたりの利率である月利
  • 一日あたりの利率である日利

などを表現する場合でも使われます。カードローンの場合は月利や日利で利息を計算することはまずありませんが、金利とはこうした利率計算における総称のようなものと考えておけば良いでしょう。借入を受けたお金を返済する際に支払う利息は、

 

 

この金利と借り入れた金額によって計算されます


ので、同じ金額を借り入れた場合でも金利が低いところから借りた方が支払う利息も少なくなります。カードローンを利用する際には、こうした部分にも気をつけておくと良いでしょう。

 

主婦の為のカードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関