専業主婦 カードローン

MENU

カードローンの利用者が死亡した場合

カードローンを利用している人がもしもその利用中に死亡してしまった場合、そのカードローンはどのような扱いになるのでしょうか。例えば、家族の中で父親が死亡した場合、父親の所有していた財産は遺産として妻や子供に相続されます。

 

 

この場合、カードローンの借入残高についても遺産として相続されることになります。


住宅ローンなどの場合は、契約した本人が死亡してしまった場合には借入残高については相続した人は返済しなくてもよいという免責事項が盛り込まれていることがあります。

契約者本人が死亡した場合の理不尽な相続の回避方法

しかし、カードローンについてはその限りではありませんので、もしもカードローンを契約した本人が死亡してしまった場合でも相続した人が引き継いで返済しなければならないのです。

 

 

自分が契約したわけでもないのに返済しなければならないのはおかしい・・・


ということでそのまま放置していると知らないうちに利息がどんどん膨らんでいく可能性もあります。とはいえ、誰でも借金の負債など引き継ぎたいとは思いませんので、

 

 

このような場合には相続の放棄という手続きを行うことができます。


この相続の放棄は、相続の開始後3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄を申請し、認可されることで可能です。

都合の良い遺産相続の放棄はできない?

但し、カードローンの借入だけ放棄したいというわけにはいかないのがこの相続放棄の難しいところです。相続の放棄をするということは

 

 

借金も含めた全ての遺産を引き継がないということです。


その為、建物や土地といった不動産や現金などといった財産はほしいがカードローンの借金は要らないということにはできません。また、

 

 

仮に相続の放棄をしたとしてもその遺産は次の相続権をもった人に引き継がれる


ことになりますので家族間でしっかりと相談することが大切です。このように、カードローンというものは仮に契約した本人が死んでも返済しなくてもよい、ということにはなりませんので、こうした点についてもしっかりと理解しておきましょう。