専業主婦 カードローン

MENU

カードローンの使用目的は自由

カードローンの特徴のひとつに使用目的が自由というものがあります。これは、カードローンでお金を借りた場合には基本的に何に使っても特に問題はないという意味です。例えば、友人や親にお金を借りる相談をする場合というのは必ず何に使うのか聞かれると思います。

 

 

親に借りる場合でも理由によっては貸してもらえないかも・・・


全く何の事情も聞かずにお金を貸してくれる人というのはおそらくかなりの少数ではないでしょうか。ましてや借りる金額が高額になってくればなぜそこまでの金額が必要なのかについて説明しなければならなくなります。その点、

 

 

カードローンの場合は原則として使用目的は自由となっています・・・


ので、何の目的でお金を借りるのか説明する必要はありません。カードローンの申込書類には、利用目的について記入する欄もありますが、この欄についても細かく記入する必要はなく、

 

 

  • 遊興費やレジャー目的
  • 旅行

など漠然としたもので大丈夫です。例えば、旅行と書いたとしても、その旅行の行き先や交通費の内訳などを説明する必要がないのがカードローンです。これがカードローン以外のいわゆる目的別ローンであれば、

 

 

それぞれの目的に応じた利用目的を細かく説明しなければなりませんが、カードローンの場合はその限りではありません。


カードローンの使用目的が自由な理由とNGの使用目的

 

何にでも使用可能ってことかなぁ・・・


その理由はカードローンの審査基準となっているのが収入や既存の借入の有無、職業など返済能力を重視しているためです。利用目的がどうであれ、収入の金額や既存の借入状況などをトータル的に判断した結果、返済能力が高いと判断されれば融資を受ける事が可能です。

 

 

但し、自営業の人が事業の運転資金目的でカードローンを利用することはできません。


また、ギャンブルや投資目的でカードローンを利用する場合もカードローン業者によっては審査において慎重な判断をする場合があります。あくまでもカードローンで借りたお金の利用目的が自由というのは原則として自由であるということを理解しておきましょう。