専業主婦 カードローン

MENU

カードローンの返済期間

カードローンで借りたお金というものは、当然ながら返済をしなければなりません。この返済については、便宜上返済期間というものがもうけられていますが、住宅ローンなどのように○○年ローンといった仕組みとは少し異なります。

 

 

カードローンは他のローンとどう違うのかなぁ・・・


というのは、住宅ローンの場合、融資を受けたお金というものは住宅を購入するためにのみ使用でき、その後は返済専用となっているのに対して、カードローンの場合は返済をするとその分については借入限度額の範囲内で再利用ができるためです。

 

 

借入限度額の範囲内なら再借入が可能です。


たとえば10万円をカードローンで借り入れた後、5万円の返済をすると借入可能額として5万円が枠として用意されます。実際には返済で支払った金額に対しては利息などが差し引かれることになりますのでこうした状況にはなりませんが単純計算で考えるとこういう事です。

カードローンの利用で気をつけるべき返済期間とは?

そのため、返済期間というものは住宅ローンとは基本的に異なる考え方となっており、

 

 

カードローンの利用状況によっては長くもなり短くもなります。


カードローンの返済時に支払う利息は日割りで計算されることになりますので、返済日に支払う利息の金額は毎月決まっています。そこで、返済日にできるだけ多くの金額を支払っておくことでそれだけ多くのお金を元金に割り当てることができるようになります。

 

 

余裕があれば多目に返済すれば完済までの期間が短くなるってことかなぁ・・・


また、その後の再利用をしなければ借入残高も減っていくことになりますので、こうした利用方法をしていくことができればカードローンの返済期間もその分短くすることが可能です。

元本が減らない状況とは?

 

逆に返済をした分をその都度借入を受けている状態が続くと・・・


なかなか元本が減らないので返済期間は長くなっていきます。カードローンで融資を受けた分は必ず返済しなければなりませんので、何年かかっても返済をする必要があります。返済する際に支払う利息というものは、

 

 

返済期間が長くなればそれだけ多くの金額を支払うことになります


ので、できるだけ早めに返済を終わらせた方がお得といえるでしょう。