専業主婦 カードローン

MENU

カードローンを利用するために必要な書類

カードローンを利用する場合、まずはインターネットなどから申し込みを行うことになりますが、ここで用意しておくべきものがあります。まず、必ず用意しておきたいものといえるのが身分証明書です。これは

 

 

  • 運転免許証や健康保険証
  • パスポート

などがあれば問題ありませんが、逆に言えばこの身分証明書が用意できなければカードローンを利用してお金を借りることはできません。カードローンの審査は、担保や保証人を用意することなく融資が可能なものとなっていますので、

 

 

本人確認ができなければ融資を受けることが不可能なのは当然です。


勿論、身分証明書さえあればそれでお金が借りられるというわけではなく、実際に融資が可能かどうかということについては審査によって決定されます。しかし、身分証明書が用意できなければ審査で融資可能と決定されてもお金を借りることができなくなります。

収入証明書が必要となるケースは?

カードローンの利用に際しては身分証明書の他にも必要な書類があり、そのひとつが収入証明書です。これは一定金額以上の融資を受ける場合に必要となるもので、その金額未満の融資の場合は基本的には用意しなくても可能です。

 

 

一定金額以上って・・・


収入証明書が必要となる金額については、

 

 

  • 消費者金融のカードローンの場合で50万円以上
  • 銀行カードローンの場合は100万円以上

という場合が一般的です。銀行カードローンの中にはさらに高額の場合でも収入証明書が不要で融資を受けられるところもありますが、その金額に達していなくても他社からの借入状況などに応じて収入証明書が必要となる場合もあります。

 

 

収入証明書って・・・


ここで使用可能な収入証明書としては、社名の入った

 

 

  • 給与明細
  • 源泉徴収票

などがそれにあたります。いずれにしても高額の融資を考えているのであれば事前にこれらの書類を用意しておくと良いです。収入証明書については基本的にすぐに用意する事が難しいものが殆どなので申し込む前に用意しておくと手続きもスムーズに進める事ができます。